それぞれの国や文化ごとに違うデザインの種類

国で違うデザイン

インターネットを使っていると、様々なデザインのサイトを見ることが出来ます。
このインターネット上にあるサイトデザインというのは、その国ごとの違いが明確になっており、国ごと文化ごとでのデザインの違いを見ることが出来ます。

例えば、欧米諸国ではサイトのデザインがシンプルなものが多く、情報も何を見せらいいのか明確にされているサイトが多いと思います。
これは、効果的に宣伝をする上で大変参考になるデザインの見せ方なのではないでしょうか。

また、アジアに目を向けてみると、日本や中国、韓国といった国ではデザインが似ているものが多くあります。その中では、使われている色の数も多く、情報も1つのページ多数見れるように作られているということがわかります。

中東になると、インパクトを前面に出したサイトデザインのものが多く、一度見ると気になってしまう、次も見ようかな、といった気持ちにさせます。

デザインが文化ごとに違いがあるというのは、これまでサイトデザインのみではなく芸術や美術といったものでも明確に現れており、その違いを見つけることは見る者からすると異文化へ触れることが出来る機会でもありますし、クリエイターやデザイナーといった人にとっては新たなデザインを作るための参考になったり、原動力になることもあります。